王様(読み)おうさま

精選版 日本国語大辞典「王様」の解説

おう‐さま ワウ‥【王様】

〘名〙
① 王を敬愛して呼ぶことば。
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉政界叢話「王(ワウ)さま見て来んとて皆ゆきぬと答ふ」
② 天皇を敬愛して呼ぶことば。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)中「跡の三月二日に隙をやるとの一札。王様の御綸旨より高直(かうじき)な物握った」
③ 同類のうちで最も高い地位を占めるもの。
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)六「檜の王様(オーサマ)だから」
④ 将棋の王将。
※落語・二人癖(1896)〈三代目柳家小さん〉「其将棋盤を和郎(おまい)の前へ置いて王様を何処でも好い加減の処へ置いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android