コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺貞 わたなべ ただし

1件 の用語解説(渡辺貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺貞 わたなべ-ただし

1944- 昭和後期-平成時代の電子工学者。
昭和19年10月生まれ。昭和43年日本電気入社,超大型汎用コンピューターの開発に従事。平成18年理化学研究所次世代スーパーコンピューター開発実施本部プロジェクトリーダー。平成7年スーパーコンピューター「SX-4」で通産省グッドデザイン賞グランプリを獲得。10年米国の電気・電子技術者学会(IEEE)と計算機協会(ACM)からエッカート・モークリー賞(日本人初),18年シーモア・クレイ賞(日本人初)。21年「大規模・高精度計算科学に関する研究」(矢川元基との共同研究)で学士院賞北海道出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺貞の関連キーワード電子工学アビオニクス赤崎勇伊賀健一大野英男榊裕之鈴木直樹高木昇矢川元基菅野卓雄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺貞の関連情報