コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦巻(き)管 ウズマキカン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦巻管
うずまきかん

内耳の一部で、解剖学名では蝸牛(かぎゅう)管とよぶ。カタツムリの殻のような螺旋(らせん)状の骨性道の中に収められた膜性管で、2回半の渦を巻いている。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渦巻(き)管の関連キーワード蝸牛(内耳)カタツムリ膜迷路前庭窓聴覚内耳前庭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android