コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦巻(き)管 ウズマキカン

2件 の用語解説(渦巻(き)管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うずまき‐かん〔うづまきクワン〕【渦巻(き)管】

蝸牛(かぎゅう)2

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦巻管
うずまきかん

内耳の一部で、解剖学名では蝸牛(かぎゅう)管とよぶ。カタツムリの殻のような螺旋(らせん)状の骨性道の中に収められた膜性管で、2回半の渦を巻いている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone