蝸牛殻(読み)カギュウカク

精選版 日本国語大辞典の解説

かぎゅう‐かく クヮギウ‥【蝸牛殻】

〘名〙 内の一部。顳顬(しょうじゅ)骨内にある螺旋(らせん)状の器官。内側にリンパ液を満たした蝸牛管があり、鼓膜に伝わる音波を受けて、これを感受する。かたつむり管。〔解体新書(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android