コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測地的曲率 そくちてききょくりつgeodesic curvature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

測地的曲率
そくちてききょくりつ
geodesic curvature

曲面 S上の1点をP,Pを通る曲面上の曲線を Cとするとき,点Pにおける曲線 Cの法線ベクトルの,点Pにおける曲面 Sの接平面上への正射影を測地的曲率ベクトルといい,その大きさを測地的曲率という。この量は,のびちぢみのない曲面の変形では不変である。測地的曲率が0であれば,曲線の接線および主法線が曲面の法線と同一平面にあることになり,曲線は測地線である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

測地的曲率の関連キーワード曲率曲線曲面

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android