コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湊屋お六 みなとや おろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湊屋お六 みなとや-おろく

?-? 江戸時代中期の女性。
櫛(くし)巻きの考案者。宝暦(1751-64)のころの江戸浅草寺境内のごふく茶屋の給仕女。美人で愛想がよく,髪をたばねてひとひねりしてさかさ櫛にまくだけの髪型で接待し人目をひいた。江戸中の茶屋女がこの櫛巻きをまねて流行し,一般にもひろまった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android