コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖沼堆積物 こしょうたいせきぶつlacustrine deposit

岩石学辞典の解説

湖沼堆積物

湖,沼,淡水の低湿地marsh),塩水性沼沢(salina),プラヤ(playa)などで形成される堆積物[Hatch : 1888, Grabau : 1920].ラテン語lacusは湖の意味.なおプラヤ(playa)とは米国西部の乾燥平野で,盆地状の砂漠地帯にある平坦地で,排水路がなく,雨期になると浅い湖となり,水が干上がった後に塩類の沈澱物を残すもの[ランダムハウス : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

湖沼堆積物の関連キーワードフェリハイドライト木の葉石陸成層湖沼学

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android