湯ノ小屋[温泉](読み)ゆのこや

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのこや【湯ノ小屋[温泉]】

群馬県利根郡水上町にある温泉。単純泉,40~85℃。水上温泉郷の最奥部にあり,至仏山西麓,楢俣(ならまた)川支流の湯ノ小屋川のほとりにわく。鎌倉時代の初めに奥州藤原氏の一族が隠棲して開かれたとされるが,古くから一軒宿の湯治場として土地の人々に親しまれてきた。近年,奥利根探勝の足場としてハイカー,釣客,保養客の利用が増えたが,山の湯の面影を残す。付近には洞元湖,藤原湖,奥利根民俗集古館などがあり,尾瀬の鳩待峠まで尾瀬奥利根林道が通じている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の湯ノ小屋[温泉]の言及

【至仏山】より

…東側の鳩待(はとまち)峠と尾瀬ヶ原南端の山ノ鼻小屋から登山路がある。西麓には楢俣(ならまた)ダム(1955完成)によって利根川をせき止めてつくられた洞元湖や湯ノ小屋温泉(単純泉,40~85℃)がある。【徳久 球雄】。…

※「湯ノ小屋[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android