コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞元湖 ドウゲンコ

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕洞元湖(どうげんこ)


群馬県北部、利根(とね)川上流部の須田貝(すだがい)ダムによってできた人造湖。須田貝ダムは、1955年(昭和30)完成の発電用ダムで、重力式コンクリートダム(堤高72m、堤長194.4m、面積1.3km2、総貯水容量2850万m3)。ダム基部に地下式の最大出力4万6200kWの須田貝発電所がある。楢俣(ならまた)川との合流点に位置し、楢俣川上流東部に奈良俣ダムがある。ブナの原生林に囲まれ、イワナ・ヤマメ・ウグイなどの釣り客でにぎわう。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞元湖
どうげんこ

群馬県北部、利根(とね)郡みなかみ町の利根川上流にある人造湖。1955年(昭和30)東京電力の須田貝(すだがい)ダム(長さ194メートル、高さ73メートル)が完成し、利根本流と支流の楢俣(ならまた)川の合流点に貯水したもので、周囲21.2キロメートル。洞元湖の名は楢俣川の洞元ノ滝にちなむ。湖水はダムに接する地下式発電所(出力4万6000キロワット)で利用する。周辺はブナの原生林で、JR上越線水上駅からバスが通じ、観光地にもなっている。上流に矢木沢(やぎさわ)ダム(奥利根湖)、下流に藤原(ふじわら)湖がある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の洞元湖の言及

【至仏山】より

…東側の鳩待(はとまち)峠と尾瀬ヶ原南端の山ノ鼻小屋から登山路がある。西麓には楢俣(ならまた)ダム(1955完成)によって利根川をせき止めてつくられた洞元湖や湯ノ小屋温泉(単純泉,40~85℃)がある。【徳久 球雄】。…

※「洞元湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洞元湖の関連キーワード水上高原藤原スキー場湯ノ小屋[温泉]湯ノ小屋温泉宝川[温泉]水上[町]至仏山水上

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞元湖の関連情報