コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞元湖 ドウゲンコ

3件 の用語解説(洞元湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうげん‐こ【洞元湖】

群馬県北部、利根郡みなかみ町にある人造湖。昭和30年(1955)、日本初の地下発電所として完成した須田貝ダム貯水池。面積1.3平方キロメートル、湖面標高743メートル利根川本流と支流の楢俣(ならまた)川の合流点をせき止めて造られた。周辺はブナの原生林。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕洞元湖(どうげんこ)


群馬県北部、利根(とね)川上流部の須田貝(すだがい)ダムによってできた人造湖。須田貝ダムは、1955年(昭和30)完成の発電用ダムで、重力式コンクリートダム(堤高72m、堤長194.4m、面積1.3km2、総貯水容量2850万m3)。ダム基部に地下式の最大出力4万6200kWの須田貝発電所がある。楢俣(ならまた)川との合流点に位置し、楢俣川上流東部に奈良俣ダムがある。ブナの原生林に囲まれ、イワナヤマメウグイなどの釣り客でにぎわう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞元湖
どうげんこ

群馬県北部、利根(とね)郡みなかみ町の利根川上流にある人造湖。1955年(昭和30)東京電力の須田貝(すだがい)ダム(長さ194メートル、高さ73メートル)が完成し、利根本流と支流の楢俣(ならまた)川の合流点に貯水したもので、周囲21.2キロメートル。洞元湖の名は楢俣川の洞元ノ滝にちなむ。湖水はダムに接する地下式発電所(出力4万6000キロワット)で利用する。周辺はブナの原生林で、JR上越線水上駅からバスが通じ、観光地にもなっている。上流に矢木沢(やぎさわ)ダム(奥利根湖)、下流に藤原(ふじわら)湖がある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の洞元湖の言及

【至仏山】より

…東側の鳩待(はとまち)峠と尾瀬ヶ原南端の山ノ鼻小屋から登山路がある。西麓には楢俣(ならまた)ダム(1955完成)によって利根川をせき止めてつくられた洞元湖や湯ノ小屋温泉(単純泉,40~85℃)がある。【徳久 球雄】。…

※「洞元湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洞元湖の関連キーワード宝川温泉利根大堰野反湖利根川図誌谷川温泉四万[温泉]水上[町]利根[村]利根鶴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞元湖の関連情報