コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯之元[温泉] ゆのもと

百科事典マイペディアの解説

湯之元[温泉]【ゆのもと】

鹿児島県東市来町(現・日置市)にある温泉。単純硫黄泉。38〜52℃。かつて島津藩が直営。鹿児島市などからの行楽客でにぎわい,付近に諏訪公園,海水浴場がある。鹿児島本線湯之元駅に近い。
→関連項目東市来[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのもと【湯之元[温泉]】

鹿児島県南西部,日置郡東市来町にある温泉。単純硫黄泉,38~52℃。17世紀に開かれたといわれ,島津藩の直営温泉として利用された。共同浴場が4ヵ所,旅館は40軒近くあるが,静かな湯治場的情緒をもっている。鹿児島本線湯之元駅に近く,鹿児島駅からバスも通じる。付近には吹上浜や薩摩焼の産地美山(みやま)などがある。【服部 信彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android