コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯之元[温泉] ゆのもと

2件 の用語解説(湯之元[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湯之元[温泉]【ゆのもと】

鹿児島県東市来町(現・日置市)にある温泉。単純硫黄泉。38〜52℃。かつて島津藩が直営。鹿児島市などからの行楽客でにぎわい,付近に諏訪公園,海水浴場がある。鹿児島本線湯之元駅に近い。
→関連項目東市来[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのもと【湯之元[温泉]】

鹿児島県南西部,日置郡東市来町にある温泉。単純硫黄泉,38~52℃。17世紀に開かれたといわれ,島津藩の直営温泉として利用された。共同浴場が4ヵ所,旅館は40軒近くあるが,静かな湯治場的情緒をもっている。鹿児島本線湯之元駅に近く,鹿児島駅からバスも通じる。付近には吹上浜薩摩焼の産地美山(みやま)などがある。【服部 信彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯之元[温泉]の関連キーワード勝浦温泉夏油温泉強羅温泉地獄谷温泉堂ヶ島温泉日置法師温泉湯村温泉霧島温泉姜早丹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone