コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東市来 ひがしいちき

2件 の用語解説(東市来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東市来
ひがしいちき

鹿児島県西部,日置市北西部の旧町域。薩摩半島の北西岸にある。 1937年町制。 2005年伊集院町,日吉町,吹上町と合体し日置市となる。大部分はシラス台地とその浸食谷。農業が主産業で,スイカ葉タバコポンカンなどを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東市来
ひがしいちき

鹿児島県西部、日置(ひおき)郡にあった旧町名(東市来町(ちょう))。現在は日置市の北部を占める。旧東市来町は1937年(昭和12)町制施行。町名は古代、市来院の東半を占めることによる。2005年(平成17)伊集院(いじゅういん)町、日吉(ひよし)町、吹上(ふきあげ)町と合併、市制施行して日置市となった。旧町域の大部分はシラス台地上にあるが、西部には吹上浜(ふきあげはま)砂丘と江口蓬莱(ほうらい)とよぶ海食崖(がい)が連なる。JR鹿児島本線と国道3号、270号が通じる。中世まで市来氏が鶴丸城に拠(よ)り、近世は島津氏の直轄領で野牧(のまき)が置かれた。主産物はタバコ、スイカ、茶などで、江口漁港の煮干しも有名。美山(みやま)(旧、苗代川(なえしろがわ))は慶長(けいちょう)年間(1596~1615)以来の薩摩(さつま)焼の本場で、朝鮮伝来の民陶的色彩を伝え、日常食器類から芸術品まで産出する。稲荷(いなり)神社境内のシイの木に寄生する顕花植物ヤッコソウ発生地は国指定天然記念物。国道3号沿いに硫黄(いおう)泉の湯之元温泉があり、行楽地としてもにぎわう。[白石太良]
『『東市来郷土誌』(1978・東市来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東市来の関連キーワード東市来〈町〉鹿児島県日置市日吉町日置鹿児島県日置市日吉町山田鹿児島県日置市吹上町今田鹿児島県日置市吹上町入来鹿児島県日置市吹上町小野鹿児島県日置市吹上町田尻鹿児島県日置市吹上町中原鹿児島県日置市吹上町永吉鹿児島県日置市吹上町和田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東市来の関連情報