湯沢幸吉郎(読み)ゆざわ こうきちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯沢幸吉郎 ゆざわ-こうきちろう

1887-1963 大正-昭和時代の国語学者。
明治20年5月2日生まれ。東京府立第四高女につとめながら東京帝大国文学選科を修了。文部省図書監修官などをへて,昭和24年早大教授となる。のち上智大教授。近代言語の研究(「室町時代の言語研究」「徳川時代言語の研究」「江戸言葉の研究」)で31年学士院賞。昭和38年4月9日死去。75歳。秋田県出身。東京高師卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆざわこうきちろう【湯沢幸吉郎】

1877~1963) 国語学者。秋田県生まれ。早大教授。中世以降の国語史研究に業績を残す。著「室町時代言語の研究」「徳川時代言語の研究」「江戸言葉の研究」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android