コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅宗弘 ゆあさ むねひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅宗弘 ゆあさ-むねひろ

?-? 鎌倉時代の武士。
湯浅宗重の孫。承元(じょうげん)3年(1209)紀伊(きい)湯浅荘(和歌山県)を父宗景からつぎ,嘉禎(かてい)2年幕府より荘内の久米崎王子社修造を命じられた。通称は弥太郎,太郎,兵衛入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

湯浅宗弘

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武士。宗景の子。紀伊国湯浅荘(和歌山県有田郡湯浅町)を本拠とする。湯浅一族の嫡流の家の当主。弥太郎と称した。寛喜3(1231)年4月,一族と共に湯浅荘内に建立された施無畏寺に寺の用地を寄進している。

(高橋慎一朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

湯浅宗弘の関連キーワード湯浅宗重鎌倉時代湯浅宗良生年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android