満屋裕明(読み)みつや ひろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「満屋裕明」の解説

満屋裕明 みつや-ひろあき

1950- 昭和後期-平成時代の免疫学者,血液内科学者。
昭和25年8月9日生まれ。熊本大助手をへて,昭和57年アメリカ国立がん研究所(NCI)の研究員となり,平成3年同研究所内科療法部門レトロウイルス感染症部部長。9年熊本大教授。昭和60年世界初の抗HIV薬のAZT(アジドチミジン)を開発,その後もddI(ジデオキシイノシン)やddC(ジデオキシシチジン)を発見・開発するなどAIDS治療の先頭にたって活躍。平成4年NIH所長賞,19年慶応医学賞。27年朝日賞。同年学士院賞。長崎県出身。熊本大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android