コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源季貞 みなもとの すえさだ

2件 の用語解説(源季貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源季貞 みなもとの-すえさだ

?-? 平安時代後期の武将。
右衛門尉(じょう),検非違使(けびいし)。平氏の家人(けにん)で,源平争乱期に侍大将として活躍。元暦(げんりゃく)2年(1185)壇ノ浦の戦いで捕らえられ,鎌倉におくられた。助命されて身柄は子の宗季にあずけられたらしい。通称は源大夫判官。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源季貞

生年:生没年不詳
平安末期の武将。歌人。清和源氏源満政の子孫。父は源重時の養子季遠。仁平3(1153)年滝口(滝口武者),右馬少允,右衛門尉と進む。検非違使を兼ね治承5(1181)年従五位下。源大夫判官と呼ばれた。御幸の供奉など形式的奉仕であったが,後白河院北面にも祗候した。平清盛の近習として祐筆役や,平家領経営などの財務を担当。平宗盛の下では兵糧米・兵士役の賦課徴収を行い,兵站部門で平家軍制を支えた。治承4(1180)年源氏挙兵後,平家の侍大将として平盛澄と共に,大江遠業,河内で源義基,九州で大神惟栄,緒方惟義,菊池隆直らと戦った。文治1(1185)年壇の浦の戦で捕らわれるが,箭造りの名人のため源頼朝に召し出された子宗遠に,身柄が預けられた。<参考文献>角田文衛『平家後抄』

(正木喜三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源季貞の関連キーワード清和源氏讚岐源賢源国基源重定源忠清(2)源光信源満政源頼親山田重忠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone