コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源師子 みなもとの もろこ

3件 の用語解説(源師子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源師子 みなもとの-もろこ

みなもとの-しし

源師子 みなもとの-しし

1070-1149* 平安時代後期の女性。
延久2年生まれ。父は源顕房(あきふさ)。母は源隆俊の娘,隆子。中宮藤原賢子の妹。白河天皇の後宮にはいる。懐妊ののち藤原忠実の妻となり,覚法法親王を生む。忠実とのあいだには高陽院(かやのいん)(鳥羽上皇の皇后),藤原忠通(ただみち)をもうけた。従一位。久安4年12月14日死去。79歳。名は「もろこ」「もとこ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源師子

没年:久安4.12.1(1149.1.12)
生年:延久2(1070)
平安末期の貴族女性。右大臣源顕房の娘。寛治6(1092)年ごろ白河上皇の子覚法法親王を生み,のちに関白となる藤原忠実に見染められて,高陽院となった泰子と,関白の忠通を生む。大治5(1130)年従一位に叙せられる。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源師子の関連キーワード六条殿按察典侍小野有隣真海(1)忠春藤原信隆妻美濃局(1)頼増和歌前和気基康

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone