源師子(読み)みなもとの もろこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源師子 みなもとの-もろこ

みなもとの-しし

源師子 みなもとの-しし

1070-1149* 平安時代後期の女性。
延久2年生まれ。父は源顕房(あきふさ)。母は源隆俊の娘,隆子。中宮藤原賢子の妹。白河天皇後宮にはいる。懐妊ののち藤原忠実の妻となり,覚法法親王を生む。忠実とのあいだには高陽院(かやのいん)(鳥羽上皇の皇后),藤原忠通(ただみち)をもうけた。従一位。久安4年12月14日死去。79歳。名は「もろこ」「もとこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源師子

没年:久安4.12.1(1149.1.12)
生年延久2(1070)
平安末期の貴族女性。右大臣源顕房の娘。寛治6(1092)年ごろ白河上皇の子覚法法親王を生み,のちに関白となる藤原忠実に見染められて,高陽院となった泰子と,関白の忠通を生む。大治5(1130)年従一位に叙せられる。

(渡辺晴美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android