コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚法法親王 かくほうほうしんのう

2件 の用語解説(覚法法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚法法親王 かくほうほうしんのう

1092*-1153 平安時代後期,白河天皇の第4皇子。
寛治(かんじ)5年12月29日生まれ。真言宗仁和寺(にんなじ)門跡(もんぜき)。兄覚行法親王にしたがって出家。天仁(てんにん)2年観音院で灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。天永3年(1112)親王。高野御室(おむろ)とよばれた。仁平(にんびょう)3年12月6日死去。63歳。前法名は真行,行真。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

覚法法親王

没年:仁平3.12.6(1153.12.22)
生年:寛治5.12.29(1092.2.9)
平安後期の真言宗の僧。院政期の皇族出身密教僧の典型。白河天皇の第4子で,母は藤原賢子仁和寺の実兄覚行法親王に幼少より学び,14歳で出家する。広沢流と小野流の秘伝をともに相承し,密教テクノロジーを駆使して天皇家内の諸事成就を祈願する大阿闍梨として各種の修法を営んだ。仁和寺第4世で,仁和御流の祖でもある。孔雀明王を主尊とする秘法「孔雀経法」を得意とし,保延5(1139)年5月,美福門院得子が出産の折,同法を修して皇子(のちの近衛天皇)出産に成功。同天皇や鳥羽上皇の病にも霊験を現したという。弟子に覚成,覚性,寛実などがある。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚法法親王の関連キーワード阿波閑々子弘法大師順翁紹応瑜伽乗院亮深覚勝院亮怒三宝院義演湛海中右記俊海信慧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone