コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準不燃材料 じゅんふねんざいりょう

2件 の用語解説(準不燃材料の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じゅんふねんざいりょう【準不燃材料】

不燃材料に準ずる防火性能をもつ石膏ボードなど、国土交通大臣が指定する建築材料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

準不燃材料

建築基準法上は、通常の火災による加熱が加えられた場合、加熱開始後10分間、燃焼せず、防火上有害な変形・溶融・亀裂などの損傷を生じず、避難上有害な煙・ガスを発生しないもので建設大臣が定めたもの、または建設大臣の認定を受けたもの。厚さ9ミリ以上のせっこうボード、厚さ15ミリ以上の木毛セメント板などが該当する。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準不燃材料の関連キーワード難燃材料防火構造耐火被覆接道義務建築基準法第8条(維持保全)耐震偽装事件工事完了検査主要構造部準耐火構造木造3階建

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone