溜紙(読み)ためがみ

精選版 日本国語大辞典の解説

ため‐がみ【溜紙】

〘名〙 他からの贈物をもらった際に、その容器に入れて返す白紙。二枚を四つに折る。ただし凶事の配り物には入れない。うつりがみ。
浮世草子・商人軍配団(1712か)二「溜銭ため紙さへ大分の事なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android