コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝切り法 みぞきりほうchannel sampling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溝切り法
みぞきりほう
channel sampling

鉱山の探査における試料採取法の一種。鉱床または岩石の表面に,一定の幅,一定の深さのを連続的に掘り,その岩片を混ぜ合せて試料とする。普通は平均的試料を得るために,地層や鉱脈に対し直角に溝を堀る。溝の規格は,幅3~10cm,深さ1~5cmと JISに定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android