コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝切り法 みぞきりほう channel sampling

1件 の用語解説(溝切り法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溝切り法
みぞきりほう
channel sampling

鉱山の探査における試料採取法の一種。鉱床または岩石の表面に,一定の幅,一定の深さの溝を連続的に掘り,その岩片を混ぜ合せて試料とする。普通は平均的試料を得るために,地層や鉱脈に対し直角に溝を堀る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝切り法の関連キーワード鉱山重力探査TESE縮分法試料採取宇宙空間の探査および利用における国家活動を律する法原則の宣言工業用原料採取業自己採取法自然電位法月その他の天体を含む宇宙空間の探査および利用における国家活動を律する原則に関する条約

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone