コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝状層状構造 みぞじょうそうじょうこうぞう trough banding

1件 の用語解説(溝状層状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

溝状層状構造

グリンランドのスカエルガアド迸入岩体の上部帯で見られるもので,普通の平面的な層状を妨げる溝のような層状構造[Wager & Deer : 1939, Wager & Brown : 1968].この溝は放射状の配列で浅く,20m程度の幅があり,垂直方向に100~200mくらい続いている.個々の溝は上方に向って小さな溝に分解し,または二つの溝が上部の位置で一つになっている.溝の岩石はしばしば強い重力によって成層をしている.溝はマグマ溜まりの内部での対流作用によるものである[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝状層状構造の関連キーワードグリーンランドフィンランド語グリーンランドリゾート整合貫入岩体迸入岩輪状貫入岩体貫入構造岩漿同質鉄斑糲岩グリーンランド岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone