コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝状層状構造 みぞじょうそうじょうこうぞうtrough banding

岩石学辞典の解説

溝状層状構造

グリンランドのスカエルガアド迸入岩体の上部帯で見られるもので,普通の平面的な層状を妨げるのような層状構造[Wager & Deer : 1939, Wager & Brown : 1968].この溝は放射状の配列で浅く,20m程度の幅があり,垂直方向に100~200mくらい続いている.個々の溝は上方に向って小さな溝に分解し,または二つの溝が上部の位置で一つになっている.溝の岩石はしばしば強い重力によって成層をしている.溝はマグマ溜まりの内部での対流作用によるものである[Tomkeieff : 1983].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android