コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝辺文四郎 みぞべ ぶんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

溝辺文四郎 みぞべ-ぶんしろう

1853-1918 明治-大正時代の文化財保護運動家。
嘉永(かえい)6年12月22日生まれ。明治37年神戸での茶販売などの家業を整理して郷里奈良市にもどり,棚田嘉十郎(たなだ-かじゅうろう)らの平城京跡保存運動に参加。大正2年棚田とともに発起人となり,徳川頼倫(よりみち)を会長に平城京大極殿跡保存会を発足させた。大正7年7月17日死去。66歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

溝辺文四郎の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))徳川家慶芥川龍之介

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android