徳川頼倫(読み)とくがわ よりみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川頼倫 とくがわ-よりみち

1872-1925 明治-大正時代の華族。
明治5年6月27日生まれ。徳川慶頼(よしより)の子。徳川家達(いえさと)の弟。明治39年もと和歌山藩主徳川茂承(もちつぐ)の家督をつぎ,侯爵,貴族院議員となる。大正11年宮内省宗秩寮(そうちつりょう)総裁。南葵(なんき)文庫を創設し,日本図書館協会総裁をつとめた。大正14年5月20日死去。54歳。東京出身。学習院卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android