コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川頼倫 とくがわ よりみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川頼倫 とくがわ-よりみち

1872-1925 明治-大正時代の華族。
明治5年6月27日生まれ。徳川慶頼(よしより)の子。徳川家達(いえさと)の弟。明治39年もと和歌山藩主徳川茂承(もちつぐ)の家督をつぎ,侯爵,貴族院議員となる。大正11年宮内省宗秩寮(そうちつりょう)総裁。南葵(なんき)文庫を創設し,日本図書館協会総裁をつとめた。大正14年5月20日死去。54歳。東京出身。学習院卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳川頼倫の関連キーワード徳川 頼貞天然記念物溝辺文四郎徳川頼貞

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android