コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川頼倫 とくがわ よりみち

美術人名辞典の解説

徳川頼倫

侯爵。慶頼の第五子、家達の弟。大正11年宗秩寮総裁となり、皇族関係の事に貢献することが多かった。図書館事業に尽力し、東京帝国大学南葵文庫を寄附した。貴族院議員。大正14年(1925)歿、54才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川頼倫 とくがわ-よりみち

1872-1925 明治-大正時代の華族。
明治5年6月27日生まれ。徳川慶頼(よしより)の子。徳川家達(いえさと)の弟。明治39年もと和歌山藩主徳川茂承(もちつぐ)の家督をつぎ,侯爵,貴族院議員となる。大正11年宮内省宗秩寮(そうちつりょう)総裁。南葵(なんき)文庫を創設し,日本図書館協会総裁をつとめた。大正14年5月20日死去。54歳。東京出身。学習院卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳川頼倫の関連キーワード徳川 頼貞天然記念物溝辺文四郎徳川頼貞

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android