滄海変じて桑田となる(読み)ソウカイヘンジテソウデントナル

精選版 日本国語大辞典の解説

そうかい【滄海】 変(へん)じて桑田(そうでん)となる

(「儲光羲‐献八舅東帰詩」の「滄海成桑田」による) 世の中の変遷が激しく予測することができないことのたとえ。桑田変じて滄海となる。
※新編覆醤続集(1676)一・雁落紅「却疑滄海変桑田、珊瑚叢生奪秋色

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる