コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儲光羲 ちょこうぎChu Guang-xi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

儲光羲
ちょこうぎ
Chu Guang-xi

[生]景竜1(707)
[没]乾元2(759)?
中国,盛唐の詩人。えん州 (山東省) の人。字,不詳。天宝末年に監察御史となったが,安禄山の乱で罪に問われ,嶺南に流されて死んだ。格調の高い素朴な詩風で,山水田園をうたった詩を得意とした。『儲光羲集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょこうぎ【儲光羲】

706?~763?) 中国盛唐の詩人。安禄山に囚われて偽職についたため、乱後嶺南に流された。「牧童詞」「釣魚湾」など、質朴古雅な田園詩を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

儲光羲の関連キーワード滄海変じて桑田となる阿倍仲麻呂田園詩乾元

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android