滋賀秀三(読み)しが しゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋賀秀三 しが-しゅうぞう

1921-2008 昭和後期-平成時代の東洋史学者。
大正10年5月1日生まれ。昭和34年東大教授。のち千葉大教授。東洋法制史,とくに中国法制史を専攻し,44年「中国家族法の原理」で学士院賞。学士院会員。平成20年2月25日死去。86歳。山口県出身。東京帝大卒。著作に「清代中国の法と裁判」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android