コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝口入道時頼 たきぐちにゅうどう・ときより

朝日日本歴史人物事典の解説

滝口入道時頼

生年:生没年不詳
平安末期の武士,のちに高野聖。従来,左衛門太夫斎藤茂頼の子とするが,『尊卑分脈』によるなら以頼の子。平重盛に家臣として仕えていたころ,建礼門院雑仕横笛に恋するが,父の反対に遭い嵯峨往生院(『吉記養和1〈1181〉年11月20日条では法輪寺とする)にて出家,そこで横笛の訪れを受けてさらに高野山へ上り,修行して聖となる。のち都落ちした重盛の子の維盛とその郎等ふたりの出家を手伝い,恩愛に迷う維盛に善知識を授けてその入水往生を見届けた。維盛の子の六代も出家後,滝口入道の許へ父の臨終の様子を尋ねに訪れており(以上『平家物語』),小松一門と入道との密接な関係が伝えられている。

(小川寿子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android