コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝口入道時頼 たきぐちにゅうどう・ときより

1件 の用語解説(滝口入道時頼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

滝口入道時頼

生年:生没年不詳
平安末期の武士,のちに高野聖。従来,左衛門太夫斎藤茂頼の子とするが,『尊卑分脈』によるなら以頼の子。平重盛に家臣として仕えていたころ,建礼門院雑仕横笛に恋するが,父の反対に遭い嵯峨往生院(『吉記』養和1〈1181〉年11月20日条では法輪寺とする)にて出家,そこで横笛の訪れを受けてさらに高野山へ上り,修行して聖となる。のち都落ちした重盛の子の維盛とその郎等ふたりの出家を手伝い,恩愛に迷う維盛に善知識を授けてその入水往生を見届けた。維盛の子の六代も出家後,滝口入道の許へ父の臨終の様子を尋ねに訪れており(以上『平家物語』),小松一門と入道との密接な関係が伝えられている。

(小川寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝口入道時頼の関連キーワード法然上人高野聖滝口入道高野笠聖方末期『高野聖』妹尾兼康平忠房平宗実

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone