重盛(読み)しげもり

精選版 日本国語大辞典「重盛」の解説

しげもり【重盛】

[一] 四番目物。喜多流。飯田巽(たつみ)作。喜多流紀喜和節付け。明治四三年(一九一〇)刊。武装して後白河法皇を攻めようとしている平清盛を重盛がいさめる。「平家物語」による。英照皇太后の台覧に供するために廃曲「内府」を参照して作ったもの。
[二] 「内府(ないふ)」の別名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android