滴下(読み)テキカ

デジタル大辞泉の解説

てき‐か【滴下】

[名](スル)液体がしずくとなって落ちること。また、しずく状にして落とすこと。「スポイトで滴下する」

てっ‐か〔テキ‐〕【滴下】

てきか(滴下)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきか【滴下】

( 名 ) スル
しずくとなって落ちること。また、しずく状にして落とすこと。 「試薬を-する」

てっか【滴下】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てき‐か【滴下】

てっ‐か テキ‥【滴下】

〘名〙 しずくとなって落ちること。また、したたらせて落とすこと。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉倫敦日記「四方から不尽(ふじん)の泉を滴下(テキカ)してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滴下の関連情報