コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てき テキ

デジタル大辞泉の解説

て◦き

[連語]《完了の助動詞「つ」の連用形+過去の助動詞「き」》…た。…てしまった。
「去年(こぞ)見―◦し秋の月夜(つくよ)は渡れども相見し妹(いも)はいや年離(さか)る」〈・二一四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てき

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の連用形「て」に過去の助動詞「き」の付いたもの〕
過去に動作・作用の完了していることを表す。…た。…てしまった。 「思ひにし余りにしかばすべをなみ我は言ひ-・き忌むべきものを/万葉集 2947」 「うたたねに恋ひしき人を見てしより夢てふものはたのみそめ-・き/古今 恋二」 「去年こぞ見-・し秋の月夜は照らせども相見し妹はいや年離さかる/万葉集 211

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

てきの関連キーワード埼玉県入間郡越生町小杉寡は衆に敵せず三田 みつお結果的加重犯的確・適確標識的擬態素敵・素的ぱちもの小川道的史的現在貝原益軒手厳しい助動詞落し前敵対ふ香具師心止め敵するマブ達万葉集

てきの関連情報