コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆漉し ウルシコシ

3件 の用語解説(漆漉しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うるし‐こし【漆×漉し】

漆を精製するとき、こすのに用いる和紙。吉野紙をいう。うるしこしがみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うるしこし【漆漉し】

漆を漉すのに用いる和紙。吉野紙など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漆漉し
うるしこし

大和(やまと)国(奈良県)の吉野川上流、吉野町国栖(くず)(国樔)や下市(しもいち)町丹生(にう)などで漉(す)かれた和紙。原料はコウゾ(楮)で、非常に薄いがじょうぶなため漆精製の濾過(ろか)用に使われ、この名がある。油漉しの別名もある。近松門左衛門の『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』(1720)に、「漆漉しほどな薄元手(もとで)」とあるように、薄さのたとえによく用いられた。最近ではコーヒーなどのフィルターにも利用され、京都府福知山(ふくちやま)市でも漆漉しの伝統を生かした和紙が抄造されている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漆漉しの関連キーワード吉野紙青土佐傘紙すると漆掻き国栖紙搗き屋再蒸留調製用クロマトグラフフーツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone