コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆漉し ウルシコシ

デジタル大辞泉の解説

うるし‐こし【漆×漉し】

漆を精製するとき、こすのに用いる和紙。吉野紙をいう。うるしこしがみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるしこし【漆漉し】

漆を漉すのに用いる和紙。吉野紙など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漆漉し
うるしこし

大和(やまと)国(奈良県)の吉野川上流、吉野町国栖(くず)(国樔)や下市(しもいち)町丹生(にう)などで漉(す)かれた和紙。原料はコウゾ(楮)で、非常に薄いがじょうぶなため漆精製の濾過(ろか)用に使われ、この名がある。油漉しの別名もある。近松門左衛門の『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』(1720)に、「漆漉しほどな薄元手(もとで)」とあるように、薄さのたとえによく用いられた。最近ではコーヒーなどのフィルターにも利用され、京都府福知山(ふくちやま)市でも漆漉しの伝統を生かした和紙が抄造されている。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

漆漉しの関連キーワード国栖紙

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android