下市(読み)しもいち

精選版 日本国語大辞典 「下市」の意味・読み・例文・類語

しもいち【下市】

奈良県吉野郡にある地名吉野川支流秋野川の谷に発達した市場町。杉の余材を利用して割箸(わりばし)生産大峰山の登山口。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「下市」の意味・読み・例文・類語

しもいち【下市】

奈良県中西部、吉野郡の地名。吉野川と支流の秋野川沿いに発達した市場町。吉野川上流の上市かみいちに対する名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下市の言及

【水戸[市]】より

…市域の大半は常陸台地と那珂川沖積地に広がる。主要市街地は,那珂川と千波(せんば)湖にはさまれた台地上の上市(うわいち)と那珂川の沖積低地上の下市(しもいち)とからなる。12世紀末,大掾資幹(だいじようすけもと)が館を置き,佐竹氏の支配を経て近世に水戸藩の城下町となってから大きく発展した。…

※「下市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android