コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆部造弟麻呂(読み)ぬりべのみやつこ・おとまろ

朝日日本歴史人物事典の解説

漆部造弟麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代の工人。唐招提寺金堂の本尊盧舎那仏の内部に,物部広足,沙弥浄福らと共にその名が墨書され,像を制作した工人のひとりと思われる。漆部造は漆塗りに関連する伴造系の氏族で,乾漆造に習熟していた可能性がある。一方,漆部造姓を名乗る人物には,『日本書紀』用命天皇2(587)年条にみえる漆部造兄をはじめ,漆部造道麻呂や漆部造君足など,漆とは直接関係のない仕事についていた例もあり,弟麻呂も,具体的に像とどのようにかかわっていたかは不明である。なお,別系統の漆部氏に,修理長官を務めた漆部直伊波がいる。<参考文献>小林剛「漆部造弟麻呂と物部広足」(『日本彫刻作家研究』)

(浅井和春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android