工人(読み)こうじん

精選版 日本国語大辞典「工人」の解説

こう‐じん【工人】

〘名〙
工作を職業とする人。職人。職工。こうにん。
※天柱集(1348頃)含暉室記「障隔皆以楮素。工人愛美加飾雲母」 〔列子‐湯問〕
② 中国で、労働者、工員のことをいう語。〔モダン辞典(1930)〕

こう‐にん【工人】

〘名〙 =こうじん(工人)
※評判記・色道大鏡(1678)七「今世三味線の工人(コウニン)に、八橋豊前、柳川吉兵衛などいふも、此名字をゆるされたる者なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android