漉水(読み)こしみず

精選版 日本国語大辞典 「漉水」の意味・読み・例文・類語

こし‐みず‥みづ【漉水】

  1. 〘 名詞 〙 砂や布などで漉(こ)した、にごりのない水。
    1. [初出の実例]「漉水(コシミツ)仕掛は、河水を引て、樋中より流し、百余の筧より滴り下らしめ」(出典米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android