コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漏斗状体 ろうとじょうたいethmolith

岩石学辞典の解説

漏斗状体

不整合的な深成岩の貫入で,下に向って狭くなり,不規則な漏斗の形をしている.貫入岩体と接触する母岩の層理面は下向きに曲げられる.最初にサロモンがイタリイのアダメロ(Adamello)地方で記載した[Salomon : 1903, Daly : 1933, Bussen & Sakharov : 1958].ギリシャ語のethmosは漏斗のこと.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

漏斗状体の関連キーワードエスモリス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android