コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漫ろ寒し ソゾロサムシ

デジタル大辞泉の解説

そぞろ‐さむ・し【漫ろ寒し】

[形ク]
なんとなく寒々としている。
「雪やや散りて―・きに」〈・初音〉
寒気をおぼえる。
「入綾(いりあや)のほど、―・く、この世の事とも覚えず」〈・紅葉賀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そぞろさむし【漫ろ寒し】

( 形ク )
なんとなく寒い。 「 - ・き夕の気色なり/源氏
(あまり美しいので)ぞっとするほどである。 「今日は、又なき手を尽くしたる、入綾の程-・く、この世のこととも思えず/源氏 紅葉賀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漫ろ寒しの関連キーワード入綾源氏気色

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android