紅葉賀(読み)モミジノガ

大辞林 第三版の解説

もみじのが【紅葉賀】

紅葉の季節に催す祝宴。 「朱雀院の-の、例のふること、おぼし出でらる/源氏 藤裏葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もみじのが もみぢのガ【紅葉賀】

「源氏物語」第七帖の名。光源氏一八歳の一〇月から一九歳の七月まで。朱雀院行幸の試楽での源氏の舞う青海波のはなやかさ、藤壺の生んだ皇子が自分に生き写しと知って苦悩する源氏と藤壺、老女房源典侍をめぐる頭中将と源氏の悪ふざけなどを中心に描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android