コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄俊 ちょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄俊 ちょうしゅん

?-? 鎌倉時代の僧。
僧憲実の子。宗良(むねよし)親王の執事で,法印,大僧都。元徳3=元弘(げんこう)元年(1331)の元弘の乱で親王にしたがうが,比叡山で幕府方の僧豪誉に捕らえられ,六波羅におくられた。号は安居院中納言法印。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澄俊の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

澄俊の関連情報