コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元弘 ゲンコウ

デジタル大辞泉の解説

げんこう【元弘】

鎌倉末期、後醍醐天皇の時の年号。1331年8月9日~1334年1月29日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんこう【元弘】

年号(1331.8.9~1334.1.29)。元徳の後、建武の前。後醍醐ごだいご天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんこう【元弘】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1331年から1334年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は元徳(げんとく)。次元号は建武(けんむ)。1331年(元徳3)8月9日改元。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。元弘年間の鎌倉幕府の将軍は守邦親王(もりくにしんのう)(9代)、執権は北条(赤橋)守時(もりとき)(16代)。1324年(正中1)の正中の変に続き、1331年(元徳3)に後醍醐天皇を中心とした2度目の討幕計画が発覚した。後醍醐は三種の神器を持って京都を脱出、笠置(かさぎ)山で挙兵・籠城した。「元弘」への改元はその最中に行われたため、大覚寺統(だいかくじとう)の後醍醐と対立する持明院統(じみょういんとう)や鎌倉幕府はこの改元を認めず、引き続き「元徳」を使用した。同年9月に笠置山は落城、後醍醐は捕らえられて廃位となり、持明院統の光厳(こうごん)天皇が即位して翌年、正慶(しょうきょう)と改元した。1333年(正慶2/元弘3)には反幕勢力が各地で蜂起、140年余続いた鎌倉幕府が滅亡した。光厳の退位にともない正慶の元号も廃され、元弘に復帰した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

元弘の関連キーワード山形県南陽市松沢花山院師賢雑訴決断所小手指ヶ原光明寺残篇田部井泰寛成田小三郎小笠原貞宗静尊法親王豊原兼秋赤松則祐長崎高貞北畠具行河野通遠菊池武時日野俊基日野資朝守邦親王妻鹿長宗金沢貞将

元弘の関連情報