コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

執事 しつじ

7件 の用語解説(執事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

執事
しつじ

(1) 事にあたって任務に専念する者をいう。内竪所 (ないじゅどころ) ,院司,摂関家,鎌倉幕府の問注所に執事がおかれ,室町幕府では将軍を補佐する最高職を執事とし (のち管領 ) ,また政所問注所関東管領鎌倉公方などにも執事をおいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しつ‐じ【執事】

貴族・富豪などの大家にあって、家事を監督する職。また、その人。

院の庁の長官。執事の別当
内豎所(ないじゅどころ)進物所で別当に次ぐ職。
摂関親王家などの家司(けいし)の長官。
鎌倉幕府執権の異称。
㋔鎌倉幕府の政所(まんどころ)の次官。また、問注所の長官。
室町幕府初期の将軍の補佐役。また、鎌倉公方(くぼう)の補佐役。
㋖室町幕府の政所・問注所の長官。
江戸幕府若年寄の異称。
キリスト教で、主教司祭に次ぐ第3の聖職位。
貴人などへの手紙の宛名の脇付に用いる語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

執事【しつじ】

事を執り行うの意から,特定の官衙や有力諸家などの事務を司る職名となった。主なものは1.親王,摂関家などの政所(まんどころ)で,家政を執り行う家司(けいし)の長官。
→関連項目足利義詮伊勢貞親高師冬沙汰未練書斯波高経仁木頼章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しつじ【執事 deacon】

キリスト教会の一職務。カトリック教会では助祭正教会では輔祭。これらの教会と聖公会,ルター派では,司祭もしくは牧師に次ぐ聖職者の職務。長老派では長老と並ぶ信徒の職務,会衆派では牧師を助ける信徒職名。元来の名称diakonosは〈仕える者〉の意で,キリスト教会の初期,共同生活における食卓の奉仕者が選ばれたのに始まり,聖餐式の補助,献財の管理,それを用いての社会的活動などを本来の任務とする。【加藤 常昭】

しつじ【執事】

日本では公家・武家などの職名としてあった。〈事をとり行う〉ことからおこり,特定の官衙や有力諸家などの事務をつかさどる職名となった。おもなものは次のとおりである。(1)平安初期嵯峨天皇の世に置かれた内豎所(ないじゆどころ)で,別当,頭に次ぐ職。(2)親王,摂政,関白,大臣などの政所(まんどころ)で,家政をとり行う家司(けいし)の長官。(3)院庁の長官,すなわち院別当の首席。大別当とも称せられ,しばしば大臣が兼ね,権勢ある職であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しつじ【執事】

〔古くは「しっし」とも〕
身分ある人の家にあって、庶務を執り行う人。
内豎所ないじゆどころ・進物所しんもつどころなどの庶務職員。
院司・親王家・摂関家・大臣家などの家司けいしの長。
鎌倉幕府の職名。
政所まんどころの次官。
問注所の長官。
執権しつけんの別名。
室町幕府の職名。
政所・問注所の長官。
管領かんれい・関東管領の前称。
江戸幕府の若年寄の別名。
寺社で、事務に当たる役。
〔deacon〕 キリスト教会の職務の一。聖公会では司祭、ルター派教会では牧師に次ぐ聖職者の職務。長老派・会衆派教会では信徒の職名。聖礼典の補助、会計管理などを行う。正教会では輔祭ほさいという。 → 助祭
手紙の脇付わきづけの一。貴人への手紙のあて名に添える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

執事
しつじ

家政ないし庶務をつかさどる職名。平安初期に朝廷の内豎所(ないじゅどころ)に置かれたのをはじめ、院庁(いんのちょう)、親王(しんのう)・摂関(せっかん)・大臣などの政所(まんどころ)、鎌倉・室町幕府、大寺院などに置かれた。院庁ではその長官で、大別当(だいべっとう)ともよばれ、しばしば大臣が兼ねる要職であった。
 鎌倉幕府では、(1)執権(しっけん)の別称。(2)政所の長。政務に参画し、幕府財政などに携わる職で、政所の次官である令(りょう)を兼ねることが多かった。二階堂(にかいどう)氏が世襲。(3)問注所(もんちゅうじょ)の長。三善康信(みよしやすのぶ)が初代で、その子孫の町野(まちの)、太田(おおた)両氏から選ばれた。(4)六波羅探題(ろくはらたんだい)でも問注所の長をいった。
 室町幕府では、(1)将軍の政務を補佐する要職。足利尊氏(あしかがたかうじ)は譜代(ふだい)の重臣高師直(こうのもろなお)を任じたが、師直の死後は足利一門の仁木頼章(にきよりあき)を任じ、それ以来一門の職となり、2代将軍義詮(よしあきら)は細川清氏(きようじ)、ついで斯波義将(しばよしまさ)を任じた。幼少の3代将軍義満(よしみつ)を細川頼之(よりゆき)が補佐して執事になると職権は強まり、やがてもっぱら管領(かんれい)とよばれ、執事の呼び名は廃れた。(2)政所の長。初め二階堂氏、佐々木氏などが任ぜられたが、1379年(天授5・康暦1)以来ほぼ伊勢(いせ)氏の世襲となった。(3)問注所の長。前代に続いて町野、太田両氏から任ぜられた。(4)鎌倉公方(くぼう)を補佐する要職。初め斯波家長(いえなが)、ついで上杉、高(こう)両氏が並んで在職したが、1363年(正平18・貞治2)以来もっぱら上杉氏の職となり、やはり執事の呼び名は廃れて、関東管領が職名となった。[小川 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の執事の言及

【助祭】より

…新約聖書のギリシア語ディアコノスdiakonos(執事)に由来するカトリック教会の職名。東方正教会での輔祭に相当する。2世紀初頭,アンティオキアのイグナティオスのころから,司祭と区別された司教を通して神の民に奉仕する教会の職制として確立。司教の按手によって行われる助祭叙階式の最古の式文は,ヒッポリュトスの《使徒伝承》に見られる。その職域は,典礼における奉仕を中心として教会共同体全体,特に福祉的活動に向けられている。…

【助祭】より

…新約聖書のギリシア語ディアコノスdiakonos(執事)に由来するカトリック教会の職名。東方正教会での輔祭に相当する。…

【聖職者】より

…聖職者の起源は必ずしも明らかでなく,またユダヤ教の祭司の権威と職能がどこまでキリスト教に受け継がれたかについても議論がある。すでに新約聖書のなかに監督(エピスコポス),長老(プレスビュテロス),執事(ディアコノス)の名称が見えているが,2世紀はじめのイグナティオスの書簡によれば,この3者がはっきり区別され,主教司祭助祭の3聖職の原型が成立していたと考えられる。このうち主教は教区の統轄者,司祭はミサ(聖餐式)を中心とする祭儀の執行者,助祭は主教および司祭の補助者である。…

【院司】より

…院事を総理する別当は,はじめ1~2名にすぎなかったが,しだいに員数が増え,ことに院政開始後は,公卿・殿上人が競って別当になることを望んだので,白河上皇の晩年には20人前後にも達した。これに対処して生まれたのが執行別当(のち執事)・年預別当で,さらに鎌倉時代以降は執権も置かれ,院中の庶政は執事・執権によって運営され,雑事は年預・庁年預(主典代が兼任)によって執行された。(3)の別納所は勅旨田の地子や封戸の納物を収納する所として重視され,主殿所は湯・灯油を供進し,掃部所は清掃・鋪設をつかさどり,薬殿は薬を供進し,仕所・召次所は仕丁を進退して雑役に従事し,御服所は装束を,細工所は車その他雑具を調進し,御厨子所・進物所は進膳の事をつかさどった。…

【管領】より

…鎌倉幕府が北条氏の家宰を〈内(うち)管領〉と称したことなどが用例の始まりで,室町幕府に入っては鎮西探題を鎮西管領と称し,四国管領,中国管領など,広域行政権の管轄者をも管領と称するようになった。このような管領の語が,将軍家の家宰である執事を指す用語に専用されるに至ったのは南北朝後半期のことである。室町幕府の執事は将軍を補佐する幕府内最高の官職で侍所・政所・問注所などの諸機関を統轄し,将軍家御教書(みぎようしよ)の奉者として文書行政を一手に管掌したが,観応の擾乱以前は将軍足利尊氏の弟,直義の権限が強大で,執事高師直の実権は圧縮されていた。…

※「執事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

執事の関連キーワードシック反応摂社嫉視湿式湿生疾病ハシッシュハッシッシ然なくばクラッシック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

執事の関連情報