コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澤地久枝 さわち ひさえ

1件 の用語解説(澤地久枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澤地久枝 さわち-ひさえ

1930- 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和5年9月3日生まれ。中央公論社にはいり,雑誌編集者ののち,五味川純平の資料助手となる。昭和47年「妻たちの二・二六事件」でみとめられる。昭和史の掘りおこしをつづけ,53年「火はわが胸中にあり」で日本ノンフィクション賞,61年「滄海(うみ)よ眠れ」ほかで菊池寛賞。ほかに「昭和史のおんな」など。平成21年朝日賞。22年NHK放送文化賞。東京出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澤地久枝の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澤地久枝の関連情報