澤地久枝(読み)さわち ひさえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澤地久枝 さわち-ひさえ

1930- 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和5年9月3日生まれ。中央公論社にはいり,雑誌編集者ののち,五味川純平の資料助手となる。昭和47年「妻たちの二・二六事件」でみとめられる。昭和史の掘りおこしをつづけ,53年「火はわが胸中にあり」で日本ノンフィクション賞,61年「滄海(うみ)よ眠れ」ほか菊池寛賞。ほかに「昭和史のおんな」など。平成21年朝日賞。22年NHK放送文化賞。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

澤地久枝の関連情報