コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央公論社 ちゅうおうこうろんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央公論社
ちゅうおうこうろんしゃ

雑誌『中央公論』を中心とする総合出版社。 1886年に創立された西本願寺の修養団体「反省会」がその前身で,1912年西本願寺から離れ,14年中央公論社と改称,16年には女性総合雑誌『婦人公論』を創刊,坪内逍遙訳「新修シェークスピヤ全集」 (1933) ,谷崎潤一郎訳『源氏物語』 (39~41) などを出版。 44年内閣情報局の命により解散したが,第2次世界大戦後再建。『中央公論』などの雑誌のほか,各種図書,全集類,新書および文庫を刊行。 1990年代に入って新雑誌の創刊を進めたが不調に終り経営が悪化。 99年2月読売新聞社の傘下に入り,中央公論新社と改称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうこうろんしゃ【中央公論社】

日本の出版社。《中央公論》の発行所の反省社が1914年に改称し,中央公論社となる。16年嶋中雄作主幹の下に《婦人公論》が創刊され,滝田樗陰の《中央公論》とともに知識人対象の雑誌社として発展した。昭和期に入って麻田駒之助に代わって嶋中雄作が社長に就任。昭和10年代にはその自由主義的社風が幾多の発禁事件を招き,その末期には廃業を強いられたが,第2次大戦後直ちに再建された。49年雄作の死後,嶋中鵬二が社長を継いだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の中央公論社の言及

【婦人公論】より

…1916年1月に中央公論社から創刊された女性雑誌。他の女性雑誌と違ってほとんど実用記事を載せず,女性解放,男女同権をめざす,インテリ向け女性評論誌として出発した。…

※「中央公論社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中央公論社の関連キーワード『風流夢譚』事件読売・吉野作造賞風流夢譚事件田中 西二郎麻田 駒之助田中西二郎テレビくんホイジンガ滝田 樗陰嶋中 雄作三枝佐枝子柚 登美枝畑中 繁雄本朝画人伝山本 英吉木内 高音思想の科学嶋中 鵬二職場の群像栗本 和夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央公論社の関連情報