菊池寛賞(読み)キクチカンショウ

精選版 日本国語大辞典「菊池寛賞」の解説

きくちかん‐しょう キクチクヮンシャウ【菊池寛賞】

文学賞の一つ。作家菊池寛を記念して、年一回、文学、演劇、映画、新聞放送、雑誌出版などの分野で創造的な業績をあげた個人、団体に贈られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の菊池寛賞の言及

【文芸春秋[株]】より

…その後,映画・演劇・婦人雑誌などを刊行したが,現在《オール読物》《文学界》が残っている。35年に芥川賞,直木賞,39年に菊池寛賞が設けられ,38年に設立された財団法人〈日本文学振興会〉が授賞事務を行っている。1937年日中戦争が勃発すると,《文芸春秋・事変増刊》を《現地報告》と改題,月刊化し(1938),《大洋》を創刊(1939),43年には満州文芸春秋社を設立するなど戦争協力の姿勢を強めた。…

※「菊池寛賞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android