胸中(読み)きょうちゅう

精選版 日本国語大辞典「胸中」の解説

きょう‐ちゅう【胸中】

〘名〙
① 体の一部であるの中。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)四「清盛の胸中(ケウチウ)より車輪の様成る光物、顕れ出でて」
② (胸の中にあるものとして) 心。また、心に思っていること。胸の思い。心のうち。心中(しんちゅう)胸裏(きょうり)
※新撰万葉(893‐913)上「胸中刀火例焼身、寸府心灰不相」
日葡辞書(1603‐04)「ヒトノ qiôchǔuo(キョウチュウヲ) ミスカス」 〔孟子‐離婁・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「胸中」の解説

きょう‐ちゅう【胸中】

胸のうち。心に思っていること。心中。「胸中をうち明ける」「胸中を察する」
[類語]胸襟胸懐胸裏胸臆胸間胸三寸意中念頭襟懐方寸思い考え想念思念ねん気持ち感懐感想所懐心懐心中しんちゅう心事心情心境感慨万感偶感思考思索一存

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android