濛雨(読み)モウウ

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐う【濛雨】

〘名〙 々と空をかき曇らせて降る小雨。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「十八日朝濛雨昨日の如し」 〔宋之問‐温泉荘臥病詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android