小雨(読み)コサメ

  • こあめ
  • しょうう
  • しょうう セウ‥
  • しょうう〔セウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

四河入海(17C前)一二「こかぜ吹き、こあめのさっと到り来るとき」
〘名〙 こまかく降る雨。こぶりの雨。細雨。こぬか雨。こあめ。→雨(さめ)
書紀(720)皇極元年六月庚子(岩崎本訓)「微雨(コサメふ)る」
※六百番歌合(1193頃)秋中・六番「小雨ふる葛飾早稲を刈るままに民の袖さへうるほひにけり〈顕昭〉」
〘名〙 すこし雨の降ること。また、その雨。こさめ。
※蕉堅藁(1403)南山新居故人持筍茗見贈遂留之宿「虚閣空廊雲冉々、疎煙小雨晩凄々」 〔杜甫‐夜雨詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

小雨の関連情報