コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀕死のガラテア人 ひんしのガラテアじんDying Gaul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀕死のガラテア人
ひんしのガラテアじん
Dying Gaul

ギリシアの彫刻。前 220年頃の原作のローマ時代の模刻。ペルガモン出土で,かつてローマのビラ・ルドビシのコレクションであったが,教皇クレメンス 12世の時代にカピトリーノ美術館に移された。古くは「瀕死の闘士」と呼ばれた。右胸に傷を負い楯の上に倒れかかり,右手で身体を支え,左手で右足の痛みを押えている。剣,鞘,吊皮は後補。 (→ガラテア人とその妻 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

瀕死のガラテア人の関連キーワードカピトリーニ美術館ペルガモン派ガラテア

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android