(読み)とろむ

精選版 日本国語大辞典「瀞」の解説

とろ・む【瀞】

〘自マ四〙 液体表面が波立たないでを浮かせたように静まる。また、空気などが濃く淀んでいるように感じられる。
雑俳・続太はし集‐三(1848)「木瓜の花・雲気も無ひに日がとろむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android