瀞八丁(読み)どろはっちょう

精選版 日本国語大辞典「瀞八丁」の解説

どろ‐はっちょう ‥ハッチャウ【瀞八丁】

(「とろはっちょう」とも) 和歌山三重奈良三県の県境にある瀞峡のうちの下をいう。滝壺後退によって形成された深淵が八丁(約一キロメートル)も続き、両岸は二〇~五〇メートルの高さの絶壁特別名勝天然記念物吉野熊野国立公園の一中心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の瀞八丁の言及

【瀞峡】より

…北山峡とも総称するが,北山峡は狭義には奥瀞をいう。また下瀞は瀞八丁(特名・天)とよばれ,両岸は高さ20~50mの懸崖をなし,最も深い涵玉潭(かんぎよくたん)では水深約20mに及ぶ。その成因は滝壺の後退によるともいわれる。…

※「瀞八丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android